昨7月25日(月)の夕方、東京汐留シティセンター内の喫茶店で、雑誌「ヘルスケア・レストラン」(日本医療企画発行)の2人の女性記者から、「災害時に備えた病院食事システムのあり方」についての取材を受けた。

 きっかけは、7月8日(金)に神戸市で開催された「大震災の経験に学ぶ『食の人権』」と題された緊急報告集会で、私が彼女たちの取材テーマに該当する講演を行ったことを耳にされたためであった。
 7月8日の緊急報告集会では、第一部でみやぎ保健企画セントラルキッチンの事業統括責任者である吉田雄次さんが、「食の備蓄とネットワークで喫食者の喜びを得た」とのタイトルのもと、今回の東日本大震災の被災経験にもとづく緊迫感に満ちたレポートをされ、続く第二部で私から「災害時に備えた病院食事提供のあり方と新調理システム」をテーマとする調査研究報告を行った。

 私の調査研究報告は2007年から2008年にかけて、あるコンソーシアム組織の医療・福祉部会で、阪神淡路大震災、中越地震、中越沖地震の記録や被災された病院、高齢者介護施設関係者へのヒアリング等をもとに、災害時を想定した食事提供システムのあり方に関する知見をとりまとめた資料のポイントを紹介したものであった。

 今回の緊急報告集会で、私が驚いたことは、病院や高齢者介護施設の管理栄養士や大学の准教授(当時)、病院の建築・設備設計士、非常用食品の開発・販売企業の責任者などで構成するプロジェクトメンバーでまとめた提案内容と、吉田さんが体験を通じて実感された「良かったこと」「今後取り組むべき大切なこと」の相当部分が見事にオーバーラップしていたことである。
 せっかくなので、そのポイント項目を紹介しておく。
続きを読む
スポンサーサイト



[2011/07/26 19:42] | 給食問題コラム | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |